カテゴリ一覧

高専ロボコン

 アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)は、若い人たちに、既成概念にとらわれず「自らの頭で考え、自らの手でロボットを作る」ことの面白さを体験してもらい、発想する事の大切さ、物作りの素晴らしさを共有してもらう全国規模のイベントです。

...
全国高等専門学校連合会、NHK、NHKエンタープライズ

ロボットSAITAMA2015

 「ロボットSAITAMA2015」は、埼玉県産業労働部産業支援課が平成26年度より推進している「先端産業創造プロジェクト」事業の一環として開催されます。
 こどもから大人までの多数の方に来場していただき、ロボットの展示やワークショップ、その他イベントを通して、ロボットの技術開発や普及を促進していくことを目的としています。

...
埼玉県 産業労働部 産業支援課
埼玉県 続きを読む

つくばロボットフェスタ

 ロボットをより身近に感じてもらい、ロボット技術の素晴らしさを広めるため、つくばロボットフェスタを開催しました。
 G7科学技術大臣会合のつくば開催を記念して、G7関係国に関連するロボットが出展し、来場者は、各国のロボットを見たり触ったりしながら、出展者の説明を熱心に聞いていました。
 また、つくば初開催となった「ROBO-ONE(ロボワン)」もサイバーダインアリーナで同時開催。2足歩行ロボットの白熱した戦いに注目が集まっていました。

...
つくばロボットフェスタ実行委員会、つくば市
茨城県 続きを読む

ナノ・マイクロ ビジネス展 ROBOTECH 次世代ロボット製造技術展

【ROBOTECH】センサデバイス/機構部品・装置・関連機器/評価・計測・検査機器/システム/情報通信技術・機器・ソフトウェア技術/エネルギー・バッテリー技術/材料/研究用ロボット・教材等/製造

...
マイクロマシンセンター、メサゴ・メッセフランクフルト
神奈川県 続きを読む

介護・福祉ロボット&機器 開発展

 国内の介護ロボット市場規模は、2012年度でおおよそ 2億円ですが、2020年までにはおおよそ350億円に拡大が見込まれています。
 2013年度には、経済産業省の「ロボット介護機器開発・導入促進事業」の採択事業者が決定され、介護目的のロボット開発と普及事業が開始されました。
 2015年度には介護保険制度の見直しも予定され、介護ロボットの介護保険適用製品が増加すれば市場拡大の追い風となると見込まれています。国による普及のための方策も期待されており、拡大が予測できる市場です。

...
UBMキャノンジャパン合同会社
東京都 続きを読む

サービスロボット開発技術展

 サービスロボット開発技術展は介護・介助支援ロボット、作業ロボット、コミュニケーションロボット、セルフドライビングカー、ドローンなどのロボット開発に必要な、様々な要素技術、システム技術が一堂に出展するサービスロボット専門の開発技術展です。今回は新たに、ロボットITソリューション展、産業用ロボット開発技術展も同時開催。
 企業間の新たな出会いの場を創造し、ロボットの開発、新規参入、導入事例など促進することで、業界活性化につなげます。

...
サービスロボット開発技術展実行委員会 (一般財団法人大阪国際経済振興センター、 株式会社エグジビションオーガナイザーズ)
大阪府 続きを読む

JAPAN ROBOT WEEK 2016

 2015年に政府方針として発表された「ロボット新戦略」では、2020年に向けた今後5年間をロボット革命集中実行期間と位置づけ、官民で総額1000億円のロボット関連プロジェクトへ投資することや、非製造用(サービス用)ロボットの市場規模を現状から約20倍の1.4兆円へと拡大することなどを掲げています。また、今後ロボットの活用を進めるべき分野として、ものづくり、サービス、介護・医療、インフラ・災害対応、農林水産業・食品産業の5分野が重点分野として位置付けられています。

 このように官民双方からロボット市場に注目が集まる中、「Japan Robot Week2016」は、「国際ロボット展」の隔年に開催するサービスロボットやロボット関連技術の専門展として、東京ビッグサイトにて開催致します。
 会期中は、「第7回ロボット大賞」(授賞式と合同展示等)や大学・研究機関の展示などサービスロボットに関連する企画も行い、商談と技術交流を促進します。


〇日時:2016年10月19日(水)~21日(金) 
    10:00~17:00
〇会場:東京ビッグサイト 東ホール
〇主催:(一社)日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
〇入場料:1,000円
     (事前登録者、招待券持参者、中学生以下は無料)

〇同時開催展
  ◆「モノづくりマッチング Japan 2016」
   主催:日刊工業新聞社
   3Dプリンタ、表面仕上げ・バリ取り加工、機能材料、モノづくり要素の4テーマの専門性の高い製造技術を展示

  ◆「2016 洗浄総合展」
   主催:(公社)日本洗浄技能開発協会、日本産業洗浄協議会、日刊工業新聞社
   あらゆる生産工程の基盤技術である「洗浄」をテーマに最新製品・技術を一挙に展示

  ◆「2016 土壌・地下水環境展」
   主催:(一社)土壌環境センター、日刊工業新聞社
   土壌浄化や除染などに関する最新の技術と製品を展示

...
一般社団法人 日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
東京都 続きを読む

2015国際ロボット展

 「2015 国際ロボット展」は、私達の未来に向けてロボット技術が飛躍することを願い、「RT ロボットと共に創る未来」をテーマに掲げて開催します。
 会期中は、日本のみならず海外におけるロボット技術や製品を展示し、より多くの技術交流と商談の場になることを目指して参ります。

...
一般社団法人 日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
東京都 続きを読む

日仏ロボットデザイン大賞

 日本のロボット技術は世界をリードしています。さらにデザインというソフト面が加われば日本の知性と感性が牽引することができると確信しています。
 この賞は、ロボットの世界において、デザインの国、フランスと日本のクリエイターの交流をはかり、同時に未来を担う子供たちの創造性を育むために創設しました。デザインは人を喜ばすことを考える学問といえます。そのような心を子供たちに育ませることが大切だと考えています。

...
特定非営利活動法人 日仏芸術文化協会
東京都 続きを読む

ファナックFAロボット財団論文賞

 FA(ファクトリー・オートメーション)および産業用ロボット技術に関する研究業績の表彰等を行うことにより、工作機械および産業機械に関する自動化技術の向上を図り、もって我が国の産業および経済の健全な発展に寄与することを目的として、平成元年(1989年)3月に設立されました。

...
一般財団法人 FA財団
東京都 続きを読む

ロボット大賞

 本事業では、募集期間内に運用され、かつ将来の市場創出への貢献度や期待度が高いと判断されるロボットやRT要素技術、その応用により有効性を提示したビジネスモデル等も含めた表彰を通じて、以下の3項目の実現を目的とする。
  1.ロボット/RTの実用化を促進し、研究開発の高度化ならびに次代の人材育成につなげる
  2.ロボット/RTを有効に活用し、様々な課題のソリューションを提示する
  3.ロボット/RTを公知し、その社会実装による新社会システムの実現と産業創出に結び付ける

...
経済産業省、一般社団法人 日本機械工業連合会
東京都 続きを読む