情報ロボット関連イベント

Japan Robot Week 2018

画像

概要

 2017年に日本版の第4次産業革命として発表された「コネクテッドインダストリーズ(Connected Industries)」では、重点分野の一つに「ロボティクス」が設定され、モノづくり人材の育成や企業間連携、基盤整備などを目標に挙げられました。近年ではAI・IoTの進化により、協働ロボットや学習して成長するロボットなど、ロボットの活躍の場がモノづくりの現場から暮らしにまで急速に拡大しています。
 また、2020年を見据え、日本がロボット・ショーケースとして世界に発信していくことを目標にする中で、更なるロボットの普及・ビジネスモデルの構築は欠かせないものになっています。
 第4回目を迎える「Japan Robot Week 2018」は、「国際ロボット展」の翌年に開催するサービスロボットやロボット関連技術の専門展として、新たなロボットビジネス機会の創出と活発な商談、技術交流を促進します。
 今年は、経済産業省とNEDOが主催する「World Robot Summit 2018」との同時開催により、ユーザーからメーカー、競技に参加する大学・企業まで、ロボットに関わる関係者が国内外より参加いたします。皆様のご出展を心よりお待ちしております。

詳細

【開催概要】
 ● 名称 Japan Robot Week 2018
 ● 日時 2018年10月17日(水)~19日(金) 
     10:00~17:00
 ● 会場 東京ビッグサイト 東4・5ホール
 ● 主催 (一社)日本ロボット工業会、日刊工業新聞社
 ● 入場料 1,000円
      (事前登録者、招待券持参者、中学生以下は無料)


【同時開催展】
 ◆「2018 洗浄総合展」
   主催:(公社)日本洗浄技能開発協会、日本産業洗浄協議会、日刊工業新聞社
   あらゆる生産工程の基盤技術である「洗浄」をテーマに最新製品・技術を一挙に展示

 ◆「モノづくりマッチング Japan 2018」
   主催:日刊工業新聞社
   3D造形、革新材料・複合材料、高精度加工、エコモノづくり、連携体・共同受注体の5テーマの専門性の高い
   製造技術を展示

 ◆「World Robot Summit 2018」
   主催:経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構
   経済産業省とNEDOが主催するロボットの競技会と展示会の国際大会。2020年の本大会開催に向け、
   2018年は「プレ大会」の位置づけで開催されます。

実績

【Japan Robot Week 2016】
 ○開催規模:
   193社・団体
   465小間

 ○来場者数:
   29,260名(3日間合計)

主催団体

日本ロボット工業会、日刊工業新聞社

イベント情報

開催場所 東京ビッグサイト 東4・5ホール
開催日 2018年10月17日 2018年10月19日

お問い合わせ先

部署 日刊工業新聞社 「Japan Robot Week 2018 運営事務局」
役職
担当者名
電話番号 03-5644-7221
メールアドレス メールでのお問い合わせはこちら

最終更新日:2018年2月7日
情報提供者:事務局